WONKというバンドは何者なのか。個性あふれるメンバーによるエクスペリメンタル・ソウルバンド

IYO
IYO

どうもIYOです。最近Instagramの広告が僕の好みドンピシャです。今回はInstagramの広告でたまたま出会ったバンドについて紹介します。

皆さん「WONK(ウォンク)」というバンドはご存知ですか?今回の記事は「WONK」についてとにかく知りたいという方は必見です!
僕はInstagramで聴くまで知らなかったのですが、気になってApple Musicで聴いてみたらめっちゃいい曲ばかりだったので、今回は「WONK」について紹介しようと思います!

WONKについて

  • WONKとはどんなバンドなの?
  • WONKのメンバーは誰か
  • おすすめの曲はどれ?
  • WONKの曲をYouTube以外で聴くにはどうすればいいか

といった疑問をもつ方たちに向けて紹介していきます。

先に目次を出しているので、気になるところから読んでいってください!(クリックしたらその項目にとべます。)

WONKにはまったら聴き倒していきましょう!

「WONK」の曲に出会ったきっかけ

WONKの曲をまだ1曲も聴いたことがない方は、まずどんな曲か知りたいと思います。そこで、最初に僕がInstagramで出会ったはじめてのWONKの曲を紹介します!

曲名は「Signal」、一番最近の曲です。

Yamaha Earphones × WONK – Signal (Official Music Video)
Yamaha Earphones × WONK – Signal (Official Music Video)

The song about the beauty of love
True forgiveness
It’s innocence
Unfinished dream

(歌詞の一部抜粋)

Instagramのストーリーって暇な時にタップでめっちゃとばして見ませんか?

僕はめっちゃとばしてるんですけど、
いつもみたいに広告だって思って1秒位でこの曲をとばした後、すごく気になって右スクロールして、Apple Musicのリンクにとんですぐキャッシュ保存しました。笑

では、みなさんが気になっているWONKについて見ていきましょう!

WONKというバンド

WONKの雰囲気を掴んでもらうため
引用元:WONK

WONKは東京を拠点に活動する2013年結成の4人組の「エクスペリメンタル・ソウルバンド」です。
「エクスペリメンタル・ソウルバンド」とは直訳すると「実験的なソウルバンド」ですが、これはWONKによる造語で、エクスペリメンタル=自由度が高い、ソウル=グッと来るという意味を込めて
【自由度が高くて良い感じのグッと来る音楽】
という意味だそうです

ヨーロッパ2都市公演を成功させたりと、日本に留まらず海外でも活躍しており、世界中から注目のバンドです。

 

WONKはTwitter、Instagramも公式でやっているので気になる方はチェックを!
⇩⇩⇩

「WONK」というチーム名の由来

WONKという単語、普段あまり見かけませんが由来は何なのでしょうか。

2000年代後半に不安定でよれたビートミュージックを「wonky music」とよんでいましたが、ルーツはそこではなくメンバーがリスペクトしているアメリカのジャズピアニストであるセロニアス・モンクです。

Thelonious Monk, Minton's Playhouse, New York, N.Y., ca. Sept. 1947 (William P. Gottlieb 06191).jpg
引用元:Wikipedia

WONKはMONKのMをひっくり返した造語だそうで、1年の練り上げ・100案以上のボツの上でのチーム名で、WONKに対する強い想いが見て取れます。

WONKの音楽ーソウル/R&B/ジャズ/ヒップホップー

WONKの楽曲はソウルミュージック、R&B、ジャズ、ヒップホップなどの多様な音楽からの影響を感じさせる音楽が特徴です。ジャンルの壁を意識させないような音楽で僕たちの心に響かせます。

メンバー間の音の共通言語はジャズだったものの、メンバー各々が影響を受けたジャンルが違うため独自に昇華させた唯一無二の音楽になっています。

 
実際に僕も聴いてみて基本的にはゆったりした曲が多く、Chillaxしたい時に最適な音楽だなと思います。
仕事の休憩中やトレーニング後の柔軟、友達とのドライブで流したりしたいです。

WONKの公式HP⇒【WONK
WONKのTwitterアカウント⇒【WONK
WONKのInstagramアカウント⇒【WONK

どんなメンバーなの?メンバー4人について

WONK_Artist_Photo.jpeg
引用元:WONK

WONKは4人のメンバーからなるバンドです。
それぞれのメンバーについて見ていきましょう!

長塚健斗

まずは簡単な紹介から。

ヴォーカル担当。1990年6月16日生まれ。東京都あきる野市出身。帝京大学中学校・高等学校を経て、青山学院大学国際経済学部卒業。幼少期からヴァイオリンを習うも、高校時代はメタルにのめり込み、ヴォーカルやドラムスを担当。高校時代にベースの井上とバンドを結成。フレンチビストロの料理長を務めた経験もあり、クックパッドTVでは自身の番組「ビート・キッチン」を担当。ボーカリストとして、冨田恵一をはじめ様々な他アーティストの作品にも参加している。

引用元:Wikipedia

WONKを組む前の2年ほどジャズバンドで歌っていました。一番影響を受けたのはダニー・ハサウェイで、そこからヴォーカリストにハマったそうです。

TwitterのFollowは⇒【こちら
InstagramのFollowは⇒【こちら

江崎文武

まずは簡単な紹介から。

キーボード・ピアノ・シンセサイザー担当。1992年11月19日生まれ。福岡県福岡市出身。福岡県立修猷館高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部卒業、安宅賞受賞。東京大学大学院情報学環教育部修了、東京大学大学院学学際情報学府修士課程在学中。幼少期からピアノを習い、中学時代にジュニアオーケストラに入団する傍ら、ビル・エヴァンスとの出会いからジャズピアノを始める。早稲田大学モダンジャズ研究会でドラムスの荒田と出会う。これまでに映画やアニメーション、CMなどの劇伴音楽制作も担当しており、2015年公開の映画「なつやすみの巨匠」では音楽監督を務めた。鍵盤奏者として、King Gnuをはじめ様々な他アーティストへの作品にも参加している。

引用元:Wikipedia

文武さんはデザイン系の仕事もやられていることから、WONKのバンドのサイトのデザインやCDの盤面などのデザインを担当しています。
デザインとしては「高級感とストリート感がうまく混ざっているいい塩梅」を意識しているそうです。

IYO
IYO

完全に僕好みのデザインです。

TwitterのFollowは⇒【こちら
InstagramのFollowは⇒【こちら

井上幹

まずは簡単な紹介から。

ベース・シンセサイザー担当。1990年9月15日生まれ。東京都町田市出身。東京都立立川高等学校を経て、慶應義塾大学法学部卒業。幼少期から両親の影響でギターを始め、高校生になってからベース(弦楽器)を始める。この頃、ヴォーカルの長塚とバンドを結成する。グリー株式会社にサウンドエンジニアとして勤務。レコーディング・エンジニア、ミキシングエンジニア、マスタリング・エンジニアとしても活動している。ベーシストとして、掘込泰行をはじめ様々な他アーティストへの作品にも参加している。

引用元:Wikipedia

もともとギタリストで、またシンセサイザーマニアで文武さんが使っているシンセサイザーも井上さんのものらしいです。

TwitterのFollowは⇒【こちら
InstagramのFollowは⇒【こちら

荒田洸

まずは簡単な紹介から。

ドラムス担当。バンドリーダー。1992年5月22日生まれ。東京都世田谷区出身。東京都立青山高等学校を経て、慶應義塾大学文学部卒業。幼少期から野球一筋の生活を送るも、小学生の頃にスティーブ・ガッドと出会い、ドラマーを志す。慶應義塾大学クロスオーバー研究会でベースの井上と出会い、井上と旧知であった長塚と、早稲田大学モダンジャズ研究会で出会った江﨑を誘いバンドを結成。自身の名義でソロ活動を展開しているほか、ドラマーとしてのレコーディング参加に加え、ヒップホップのトラックメイカーして他アーティストへの楽曲提供も行なっている。

引用元:Wikipedia

ヒップホップ・トラックメイカーでもある荒田さん。曲作りではアルバムにもよりますが、基本的に荒田さんが作ってきたトラックを生演奏で弾き直して完成させていくそうです。

TwitterのFollowは⇒【こちら
InstagramのFollowは⇒【こちら

WONKのおすすめの5曲

WONKのおすすめの曲をApple Musicのトップソングランキングをもとに5曲紹介していきます!

Midnight Cruise

WONK – Midnight Cruise (Official Music Video)
WONK – Midnight Cruise (Official Music Video)

We have lost in this world in tears
Is it throughly unreal?
Living in this world, can you hear?
What we see seems always apart
Is it throughly unreal?
And is it hard to stay with me?

(歌詞の一部抜粋)

savior

WONK – savior [YouTube Music Sessions]
WONK – savior [YouTube Music Sessions]

We’ve been all alone, as we know
Did nothing what
you could ever do ?
is there anyone can
Throw the pain to the ground.
Somebody will coming up to you

(歌詞の一部抜粋)

Orange Mug

WONK – Orange Mug (Official Audio)
WONK – Orange Mug (Official Audio)

I bought an orange mug
I used to use the one looked similar, remember?
It reminds me of the days when a child
It looks just monochrome but colorful for me

(歌詞の一部抜粋)

Promise

WONK – Promise
WONK – Promise

Promise I never say sorry
i can do them all, that there what you want
Promise I never say sorry
I’ll give you all my love to fill up your mind

(歌詞の一部抜粋)

Real Love feat. JUA & Shun Ishiwaka

WONK – Real Love feat. JUA & Shun Ishiwaka (Official Music Video)
WONK – Real Love feat. JUA & Shun Ishiwaka (Official Music Video)

Why hurt? Broken?
Girl, how do you hear me?
I am always staying with you
You’re looking for someone else
Who will be your slave of love?

(歌詞の一部抜粋)

IYO
IYO

あえて、僕のコメントを挟むのをやめました。実際に聞いてみて身体で感じるものを味わってみてください。

WONKの曲が聴きたい!

2019年12月16日現在 Apple Musicで聴けるWONKのアルバム・シングル・EPは

【アルバム】

  • GEMINI:Flip Couture #1
  • BINARY
  • Castor
  • Pollux
  • Sphere

【シングル&EP】

  • Signal
  • Moon Dance
  • Orange Mug
  • La Di Da
  • Let It All In
  • Gather Round
  • Give Me Back Fire
  • From the Inheritance

です!リリースされている全ての曲を聴くことができます。
WONKの公式HPによればApple Musicの他にもSpotifyやSoundCloudでもリリースされているようです。

WONKの曲は基本的にYouTubeで聴くことができますが、アプリを閉じて聴いたりシャッフルで聴いたりしたい方は音楽ストリーミングサービスを利用するといいでしょう。

気になる値段ですが、最初は無料でお試しができるので試してみて合わなければ解約すればいいと思います。

定額で音楽が聴き放題のサービス

今回紹介した音楽はすべてYouTube上でしたが、実際聴くときにYouTubeだと不便だと思います。
YouTubeは様々な動画にアクセスできるというメリットはありますが、音質が悪い場合があったりYouTubeを閉じたら再生できなくなりますよね。

そのため、使ってる方も多いと思いますが、普段音楽を聴く・調べる・探す際は僕は基本的に音楽ストリーミングサービスを使ってます。(Spotify、Apple Music、Amazon Music Unlimited etc)

YouTube上で聴いたことのない曲を聴くには

  1. 自分で曲名から探すか
  2. 人が作ったプレイリストをみるか
  3. 関連動画に出てくるか

だと思います。

音楽ストリーミングサービスでは上記の3つができるだけでなく、

  • 完全に合法で楽しめる
  • コンテンツラインナップが豊富
  • 広告表示がない
  • 音質が高い
  • 新しい音楽と出会える機能が充実
  • キャッシュ保存によりオフライン再生が楽しめる

といったメリットが豊富にあります。(詳しくは下の関連記事内で紹介しています。)

サービス側からあなたの聞いている曲に合わせたweekly recomendation(今週のおすすめ)も出てきたり、ユーザーが作ったプレイリストに加えてDJやサービス側などの音楽のプロが作ったプレイリストも出てきたり、あなた好みの音楽に出会える機会が断然あります。

その他にも、アプリ内にダウンロードするキャッシュ保存をしてしまえば速度制限を気にする必要もないので、YouTubeで音楽を聴きたいけど速度制限が気になるという人にもおすすめです!

気になる料金体系ですが、最初は無料でお試しがどのサービスでもできるので試してみて合わなければ解約すればいいと思います!

音楽ストリーミングサービスに関して気になる人は↓をチェックしてみてください!

現在使ってる方も、音楽サービスごとに色々違いがあるので、無料トライアル期間で楽しんでチェックしてみるのもいいと思います。

 

WONKはChillaxできるおすすめのバンド

今回は注目の「エクスペリメンタル・ソウルバンド」、WONKについて紹介してきました。

内容は

  • WONKというバンドについて
  • WONKのメンバー4人について
  • WONKおすすめの5曲
  • WONKを聴くのにおすすめのサービス

についてでした。

是非、気になった曲があればチェックしてみてください。また、サイトやCDの盤面のデザインなども高級感とストリート感が良い感じでミックスされていてかっこいいので、チェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました